労働災害補償共済

労働災害補償共済

 従業員の労災事故の発生に伴い共済契約者が被る損害を総合的に補償する制度であり、政府労災保険の上乗せ補償として死亡、後遺障害、通勤災害、職業性疾病および災害付帯費用に対して補償します。
 また、特約により休業補償および使用者賠償責任に対して補償するほか、傷害共済団体によって政府労災保険の認定の有無に関係なく死亡共済金、入院共済金および通院共済金が支払われます。
 なお、官公庁の建設工事入札を希望する建設業者のランク付けに使用する「経営事項審査」において、この労働災害補償共済に加入している建設業者は加点審査されます。

ご契約、お問い合わせは、お近くの都道府県組合にてご案内しております。
なお、都道府県組合単位に取り扱いの共済商品が異なります。   
ご対応できかねる場合がありますのでご了承下さい。
 都道府県組合窓口

お問い合わせ 都道府県組合窓口のご案内info@nikkaren.or.jp